【骨粗鬆症サプリメントで痛み緩和】痛みなく健康的に過ごす

サプリ

コンテンツ一覧

カリウムを摂る食事療法

赤い錠剤

高血圧の食事療法では塩分の制限と野菜の豊富な摂取が指導されます。野菜はカリウム源であり、塩分由来のナトリウムを排出するのが目的です。そのため、カリウムのサプリメントを用いると野菜嫌いでも摂取できます。総合的に健康を求めて野菜サプリメントを摂るのも有用な方法です。

読んでみよう

他の栄養素も助けます

シニア

カルシウム以外も必要です

骨粗鬆症は骨密度が低くなることで骨そのものが脆くなる病院になりますが、高齢による要因が大きく、特に閉経後の女性に発病が多い傾向にあります。これは閉経によって体内の女性ホルモンが激減することによって起こりやすくなるとされています。 骨粗鬆症の予防や治療として、カルシウムの摂取が勿論挙げられますが、閉経による要因であるならば女性ホルモンを増やすとされているイソフラボンも骨粗鬆症に有効とされています。 食事で摂る取り組みも勿論大切ですが、サプリメントで両者を摂取すると、十分な栄養分の量を摂取できることが期待できます。 特に、料理や買い物の暇がない人ほど予防や治療に十分な摂取が出来ないことが考えられることから、サプリメントでの摂取が求められます。

牛乳は逆効果です

骨粗鬆症に有効ということでカルシウムの多い食品を摂ることは大切ですが、牛乳はカルシウムは多いものの、大量摂取すると、骨の形成を助けるビタミンDの吸収を阻害するとされています。牛乳はカルシウムが多いと認識されているだけに招きやすい誤解の一つとして挙げられます。 牛乳よりカルシウムの多い食品として小魚が挙げられます。牛乳でカルシウムの摂取を試みるのであれば小魚での摂取の方が有効といえますし、今やサプリメントでも十分必要量を摂取できる良品が売られています。このように、牛乳の代わりになり、かつ牛乳摂取より予防や治療効果のあるものとして以上の二つが挙げられます。 特にサプリメントにおいては1商品でカルシウムだけでなく、ビタミンやミネラルも同時に摂取できるものもあり、より骨粗鬆症に有効です。

形状と飲み忘れない事

白ゴマ

セサミンのサプリメントを取るときには、飲みづらくならないように毎日1粒で済ませられるものを選ぶことも重要です。サプリメントを飲み忘れがちな人は、食事の席に一緒においておく、メモを見やすい場所に貼り付けることも大切といえます。

読んでみよう

腸に効く成分

栄養補助食品

乳酸菌のサプリメントは手軽に便通を改善出来るとして、人気があります。乳酸菌は、腸内細菌の住処である腸内フローラを善玉菌優勢の状態に整えるのが特徴です。腸は免疫力とも関係があり、健康維持のためにも乳酸菌は役立つ成分と言えます。

読んでみよう